2013年11月25日

大阪のフリー雀荘の営業時間にゃんⅤ

リー棒取られたな。
今は増えてきて、音域が上に伸びてきています。
昇段無理かもしれない。
夢のような配牌ですね。

常連は分かっているので 融通がききます
あれは我ながらオサレな手順だったと思います。


・但し、セットは、不可です。


対面はソウズ→マンズ→字牌の切り順なので、ピンズのホンイツですかね。

3萬切っても7萬切っても中筋引っかけでリーチを打てます。


兄「……欠片もねえな。



トイツが4つ。



購入理由は、私が飲みたかったからです。
人気が出れば、オンライン対戦モードも?
シンプルに勝つ!最強小倉システム(マイナビ麻雀BOOKS)

妹「下家の筒子染めを察しての先切りかもしれませんが、
切らなきゃいけないのは厳しいですね」
ボクってけっこうええやつやろ? ライト層に対する配慮。

「そんなこと言われたって、麻雀でしか見たことないしヽ(;´ω`)ノ」
欲求点から見た打点や、1局あたりの
平均奪取点なんかの統計から、いつかけるのが『お得』かということは導き出せるんじゃないかと思います。

Cell雀
よく行く神戸の雀荘「C」でのこと。

役バックだとしたらドラの⑧ピンを引いてきた。



打5mだこれ。


これは相当大きな収入で、45000点を上回ります。

頭で 考えるんじゃ なく、出来なきゃ いけませんね

妹打ちですか?つのだに通報しますよ?」
妹裏ドラ6索で7,700です。


NISHI理論で有名なNISHI氏。

3位 SS様 75P
結果は度外視しているので「大明槓」もしちゃいます。

見送って面前にすると、計7枚しかないイースーチーワンを二回も
多少は成長してると思うんで、そうそう簡単にはチャオらないでしょう。

次はいよいよ始まります  ”JACK POT”
会社帰りに、お客様を増やしたいと考えています。


麻雀 究極の「何を切る」5(10/21)
↓クリックお願いします↓
六段から七段になるのは3回目です。

二階堂瑠美とお手合わせ願いたい。


よいしょー!
姿をみてると結構安く あげていただいてます

有名プロ雀士の戦術書が数多くありますが
明らかに非合理な内容や単純なミステイクが散見されます。


フリー雀荘のルールが一般に 浸透してきたのかな
店内音楽等 雑感

あっという間に4連休が終わりました。

アイサイト
現在8巻まで出ています。
明日28日(日))は、雀荘の魔術師有名プレイヤーの
tj-micro氏が来店します。
25+33.
兄「西は場に2枚切れなんだけど……」
せっかくブログ見て勉強したんだし、
ない( ̄∇ ̄+)キラン
役牌の鳴き方、見送り方

兄「ほー、そんな間があったか…さすがよく見てるな」ニヤリ

2面受けを残し、手を目いっぱいにも構えられる。



まず、現状認識を。


200名規模のイベント。

ダマで出和了りならどちらから和了ってもラス回避出来ます。
5月27日(月)以降は、廃止いたします。


3者とも、メリットはあるかと思います。


この手は赤3で満貫ありますから、面前にはこれっぽっちも未練はありません。



それを 元に 私達もお店つくりや 雰囲気作りの 参考に

この6筒切りは淡白すぎる」

このあがりのおかげでトップがとれました。
点数が必要ないなら別ですが。



6月のノーレートフリーは6月の2回目の木曜日である6月13日(木)となります。


ご希望の方は
点パネは確定してるんだから、とりあえず鳴かれにくい1筒の方を
切っとけ的な感覚だった」
ちょっと緊張しつつも佐藤にさよならと声をかけたが、佐藤は
後、打ってる時に女メンに耳元で「○○高校生の時からフリー行ってたっしょ」と囁かれたのを思い出しました。

妹存在するということですね」
▼女性プロ版:「第12期女流最高位決定戦」3/2発売。

桜井章一氏 対局動画 第2弾(その1)
前編に書いたとおり、桜井章一氏からの
メールを引用します。
ゴルフといい サッカーまでも 女子が 優勢である

特に宣言牌のまたぎ筋。
雀荘戦はまぁ……つのだの動向次第ということで」
振ってもツモられても流局でも、単独ラスになってしまう。


今年は最低30回は更新出来るように頑張ります!
1-4-7筒はフリテンだし」
幡井プロを呼んだ理由は、いろいろありますが一番は、
ツイッターやブログ等で、大半は、即リーチを選択。
.

(´;ω;`)

76麻雀におけるジンクスがありますか?
次やるとしたら靖子がピンでやってくれ。



順位ウマ10-30。


職業:大学生
そしてご協力下さった 大勢のかたがた 本当に 有難うございました。






おすすめ記事




posted by ドラjhtht at 03:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。