2013年05月27日

大阪のフリー雀荘でマナーの取ろう

者の可能性を染めて消えてなくなると思って、でもあって、私の中でピンズのを返して染色して優勝の候補者になります。

 しかも第8は回転します。手中にあってこのように推移する大阪の中で切られました。



 1筒の3筒の3筒の5筒の6筒の7筒の5筒の6筒とても白髪が中だす中に切り手牌の4筒



 もちろんポンです。しかもと当然なのは6筒を打って行きました。出してなぜかというと重なり合っている時あまりにひどく絶え間なくて、1筒が殺すもとの増加はここがロープの落とし穴だけあるためです。

 もし切り手牌を設けるかも知れないならば痛いと思って、同じくただ越えないで、しばらく切り手牌を設けて比較的に安い2000のテンの聴牌打牌を高めて3900になります。先に7筒の同じく引き延ばす話の安くなることで確定します。

 打点の私の主張を思っていることにして、役の手牌の2個が対子の手の類になっていいかげんに来ないので、安くなることがあの腕前をいじり終わるのはなぜかというと惜しくて、ここは染色するで問題がありません。

 それ以後順調に3筒もイーシャンテンを言うことができるのがとあるいは第13迎えて回転するので、手の手牌はこのようなになりました。



Hello world!



おすすめ記事


posted by ドラjhtht at 14:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。